猫が欲しい。でも保護猫の審査か厳しい矛盾

猫を飼う予定なのですが、今シェルターや保護猫が多いので、殺処分される猫ちゃんを引き取りたいのは山々なのですが、審査か厳しすぎる現実に頭抱えています。
4年くらい前は簡単にあげます。もらいます。で良かったのに、きっと虐待やまた捨てたりする人達のせいでか審査が厳しくなってるのに驚きました。
市役所とかの場合、貯金残高見せないとダメな所もあるみたいで。
殺される前に愛の手をとか簡単に言うてますが、審査が厳しかったら愛の手も出してあげる事も出来ません。
それじゃペットショップで購入した方が良いのじゃないかと思ってしまいます。
保護猫を安全な家庭に送りたい。その気持ちは理解出来ますし素晴らしい事だと思います。
でも、貯金残高見せてまでっておかしくないでしょうか?
確かに家は裕福ではありませんが、猫1匹飼えるだけの蓄えはあります。
ですが、家まで見に来てコンタクトしょっちゅう取らないといけないとか正直苦重すぎます。
せっかく飼うなら保護猫を。と思ってましたが、諦めるしかありません。
フリマアプリで飼手を募集してるのは審査が無さそうですが、近場では既に有り難いとは思いますが里親見つかっています。
子供が中々出来ないので、私も高齢になってきたので、猫にしようと決めまして、そういう本当に欲しい家族さんとかもいてらっしゃると思うんです。
この間もペットショップに足を運び、だいたいいくらかかるのか調べてきました。
昔2匹猫を育ててたので飼い方も分かっています。でもおもくなに審査審査と言われるとちょっと残念に思いました。
今全国で殺処分こっちでは5位に入るほど行われています。ですから手を差し伸べたいのですが、貯金残高見せてまで。と思ってしまいます。悪循環ですよね。ブログとかで保護猫や保護犬の拡散されてるのに審査が厳しいと胸が痛いだけです。面談とかでもう少し肩書きに頼らず見る目を持って欲しいと思いました。
理屈は分かっていますが、1匹でも救ってあげたい気持ちを壊されてしまった気分です。
中々難しい世の中ですね。

投稿日: